公正証書遺言のメリット・デメリット

公正証書遺言のメリット・デメリット

公正証書遺言のメリット

①形式不備で無効になることがない

 自筆証書遺言は、日付や署名は必ず書かないといけないなどの決まりがあります。これらの決まりや記載した内容に不備があれば無効なってしまいますが、公正証書遺言の場合は、公証人という専門家が作成するため、形式不備で遺言が無効になることがありません。

②変造・偽造や盗難・紛失の恐れがない

 作成された公正証書遺言の原本は半永久的に公証役場に保管されるため、変造・偽造や盗難・紛失の恐れがありません。

③速やかに遺言の内容を実現することができる

 公正証書遺言は、自筆証書遺言のように家庭裁判所で検認の手続をする必要がないので、相続開始後、速やかに遺言の内容を実現することができます。

④字が書けない人も遺言ができる

 病気等の理由で自分の氏名を自書できない人でも、公証人が、その旨を付記して署名に代えることができますので、公正証書遺言をすることができます。

⑤口のきけない人や耳の聞こえない人も遺言ができる

 口のきけない人や、耳の聞こえない人でも手話通訳の方が公証人に遺言の内容を伝えることで、また、字が書ける人であれば、公証人との筆談により公正証書遺言をすることができます。

公正証書遺言のデメリット


①費用と手間暇がかかかる

 公正証書遺言は公証人への手数料、証人への謝礼など、自筆証書遺言に比べて費用がかかります。また、原則として公証役場に出向かなければなりませんので、手間暇がかかります。

②遺言の内容を秘密にできない

 公正証書遺言は証人2人以上の立会いが必要なため、遺言の内容を秘密にできません。遺言の内容が外に漏れるのが心配な場合は、法律上、守秘義務のある司法書士に証人をお願いするのも一つの方法です。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-181-142

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-181-142

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

司法書士法人 萩原事務所

和光市駅徒歩1分 
和光市役所駅出張所前

住所・電話・FAX

〒351-0114
埼玉県和光市本町5番6号
柳瀬ビル2階
電 話 048-451-5731
FAX 048-451-5732

営業日・時間

平日9時~18時
事前予約により、土曜・日曜
祭日・時間外可能です

業務エリア

東京都
渋谷区 目黒区 杉並区
新宿区 練馬区 板橋区
世田谷区 他東京23区  
埼玉県
和光市、朝霞市 新座市
志木市、ふじみ野市
他埼玉県 
オンラインは全国対応

お問合わせ専用電話

0120-181-182

事務所概要・アクセスはこちら