調停・審判による遺産分割

調停・審判による遺産分割

 調停・審判による遺産分割

 遺産分割につき相続人の中で協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、各相続人は調停ないし審判の申立てを家庭裁判所に請求することができます。

  ①遺産分割調停

 申立ては相手(※「相手」とは、協議に合意しない相人のことで
す)の住所地を管轄する家庭裁判所にします。
相手方が複数いる場合は、その中の誰か一人の住所地を管轄する家庭裁判所に申立てることになります。
裁判官と民間から選ばれた調停委員2人(通常男女1一人ずつ)で構成される調停委員会がそれぞれの相続人から事情や希望を聞いて、お互いが納得した解決ができるように助言してくれます。
遺産分割の合意が成立した場合には、調停調書が作成されます。この調停調書は確定判決と同効力があり、不動産の名義変更や預金の払い戻しができます。
しかし、調停はあくまで話し合いですので、調停委員の助言や判断には強制力がありません。
したがって、相続人の一人でも分割案に納得しないと調停は成立しません。

 

 ② 調停申立に必要な添付書類

  ・申立人及び相手方の戸籍謄本と住民票

  ・被相続人の出生から死亡までの除籍謄本等

  ・不動産登記事項証明書(相続財産に不動産がある場合)

  ・預貯金の残高証明書

  ・遺言書があればそのコピー

  ・相続関係説明図

 

 ②遺産分割審判

 遺産分割調停で協議が調わなかった場合は、調停は不成立となり、遺産分割の審判の申立てがあったとみなされ、審判手続きに移行します。
審判の手続きは、家事審判官が、単独で遺産に属する物かどうか、権利の種類や性質、各相続人の年齢・職業・心身の状態・生活の状況その他一切の事情を考慮してすることになります。

 審判に際しては、家事審判官が職権で事実の調査及び証拠調べを行い、当事者の希望なども考慮の上で審判を下します。

 そして、この審判に不服があるときは、2週間以内に不服の申立てをすることにより、高等裁判所に再審理をしてもらうことができます。不服の申立てをしないで2週間が過ぎた場合や高等裁判所で不服申立てが認められなかった場合には、審判は確定します。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-181-142

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-181-142

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

司法書士法人 萩原事務所

和光市駅徒歩1分 
和光市役所駅出張所前

住所・電話・FAX

〒351-0114
埼玉県和光市本町5番6号
柳瀬ビル2階
電 話 048-451-5731
FAX 048-451-5732

営業日・時間

平日9時~18時
事前予約により、土曜・日曜
祭日・時間外可能です

業務エリア

東京都
渋谷区 目黒区 杉並区
新宿区 練馬区 板橋区
世田谷区 他東京23区  
埼玉県
和光市、朝霞市 新座市
志木市、ふじみ野市
他埼玉県 
オンラインは全国対応

お問合わせ専用電話

0120-181-182

事務所概要・アクセスはこちら